2008年 10月 10日 ( 1 )

 

ドキドキしました・・・


 昨日は 仕事も休みで お友達の「一緒に松浦アパート見にいこ!
 poele(プワル)って雑貨屋さんが・・・」
 って お誘いに『連れて行って~!!』と
 行く事になりました。

 「電車に乗りながら お店が見えるよ♪」って 教えてもらって
 二人で並んで 今か今かと待ってたら・・・
 確かに見えました。
 凄く、もの凄くドキドキしました。

 駅から戻って歩くこと 10分ぐらいかな~。
 たどり着いて 松浦アパートの前に立った時 更にドキドキが増しました。

 
d0128504_22154249.jpg


 昔は 普通に生活の場として使われていた松浦アパート。
 いつしか 作家さんのアトリエや ギャラリー、雑貨屋さんというように
 様変わりし、
 生活の場とはまた違った素敵な場所に変わっていったようです。

 
d0128504_22185266.jpg


 
d0128504_22191743.jpg


 実は 建物の老朽化の為 取り壊しが決まったという事で
 他の場所へ移られた方、最後の作品展を終えられ 新たな場所でのスタートを
 と思っている方・・・
 そして 雑貨屋さんであるpoele(プワル)さんは 
 後少しすれば お店を辞めてしまうとのこと・・・

 
d0128504_22245768.jpg


 poele(プワル)という 店名はフランス語で"ストーブであたためた部屋”・・・
 冬は寒いけど、ストーブのまわりにはいつも人がいて
 おいしい食べ物があって、みんなが笑顔になる。
 プワルもストーブみたいなお店になったらいいなぁ。
 そんな願いをこめて名づけました。  (poeleさんHPより)

 お店の店主さんと話してると 本当に温かい気持ちになりました。
 
 色んな話の中で気がついたこと・・・
 それは 私が昔から大好きな 今でも読み返す本に 
 poele(プワル)さんの紹介が載っていた事・・・
 私達と同じ時に来ていたお客さんの言葉。
 「私、人と同じモノって 欲しくないなぁ~」って、
 密かに 『一緒だ・・・』と、思ってしまいました(笑)

 電車の窓から友達と並んで見た 松浦アパート。
 ずっとずっと私の中に残しておきたい そんな風景でした。
 
[PR]

by schon0518 | 2008-10-10 22:38 | zakka